通信講座で学べる嬉しい資格:社会保険労務士

通信講座, 資格

通信講座の評判や口コミを聞いてみたいといっても、通信講座も今では数も種類も盛りだくさんです。
やっている会社がたくさんあるだけではありません。ひとつの会社でいくつもの資格試験の通信講座を 開いているのが通例となっている時代です。

通信講座の評判や口コミを聞く前に、自分がどの資格を受けたいのか決まっていない人たちもいるようですね。
通信講座で学べる資格を決めるときはよく考えてから決めてください。資格の勉強には時間もお金もかかりますから、 後悔するような結果になってもその頃には取り返しがつきません。
自分が何になりたいのか迷っている人たちのため、行政書士と並んで現在 通信講座で受かることがとてもおすすめの資格を紹介しましょう。それは社会保険労務士(社労士)です

社会保険労務士は行政書士以上に有名な資格ではありません。しかし、知らないと損をする資格でもあります。
社会保険労務士にはどんないいことが隠されているのでしょうか?

*企業に入ることも独立開業することも両方できる
法律の資格というと、弁護士や司法書士のように法律事務所をつくって働くことが普通です。
しかし社会保険労務士だったら、大きな企業に就職する道もたくさんあります。
企業内社会保険労務士になったら当然安定した収入を見込めます


*独立開業すると、顧問契約を結んで安定した収入を見込める
独立開業をすると通常はどんな資格でも、仕事をとってくることを繰り返さないといけません。
それは契約が普通は単発だからですが、社会保険労務士だったら企業と顧問契約を結ぶことで、そこから 毎月定額の料金を受け取ることができます

*社会保険労務士の出番が今とてもたくさんある
社会保険、そして労務の仕事をするから社会保険労務士という名称の職業なのですが、 社会保険制度は今大きく変わっていますし、雇用不安が終わらない以上は労働者を取り囲む労務の雑事が 企業にとって激増しています。社会保険労務士の出番がなくなる日はちょっと想像できません

社会保険労務士は、合格率もかなり低くて(毎年数%で、10%になることはまずありません)
たいへんですが、それでもいい通信講座を使ったら1度の受験で受かる望みがある資格です。
さっさと試験に受かって働きはじめるほうがいい資格であることは間違いないですから通信講座を 選ぶことも早めにしたほうがいいというわけです。